calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.05.14 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

アップルパイ

2010022115200000.jpg

先週に引き続き、今週も紅玉のアップルパイ作成。

いただきました☆1.5!(チューボーですよ!風に)
ちなみに前回は☆1だった。

今回はわざわざ強力粉買って、下の生地も手作りしたんだけどなあ。
やっぱりフィリング載せる前に一度生地を空焼きしないといけないみたいだ。
難しいなあ。

あさり豆腐

先日、平野由希子さんのレシピより、
ルクルーゼであさり豆腐をつくりました。

砂を含んだあさりを食べるのは嫌なので、温かく作った3%の食塩水に、4時間くらいおいて砂抜き。
水量が多いと水圧が砂を吐く妨げになるので、かぶるくらいに。


あさりとお豆腐としめじ、長葱に、
加えるのはちょっぴりの胡麻油、日本酒、醤油だけ。
あとはお鍋がおいしくしてくれました。
蒸し煮にして、たっぷりの三つ葉を添えていただきます。

あさりの滋味に満ちた、なんとも優しいお味。
日だまりでうとうとするような味。

またつくります。

「ル・クルーゼ」で、おいしい和食

平野さんのレシピ本。
ルクルーゼで和食、がテーマです。

「水なし、だしなしで作る肉じゃが」を作ってみました。
タイトルの通り、お水も出汁も使いません。
お野菜とお肉に合わせるのは、みりん・お酒・醤油を少しずつ。
本の帯のキャッチコピーに従って、「あとはお鍋の力を信じるだけ。」

正直、本当においしくできるのかな…と不安でしたが、
素材の味がする、びっくりするくらいおいしい肉じゃがになりました。
最後の過程、醤油を大匙3入れて火を止めしばらく放置するフェーズでは
「本当にこれだけの量で全体に味が染みわたるのだろうか…」と戦々恐々でしたが、
放置後、ルクルーゼを覗いてみてびっくり。じゃがいもは型崩れすることなくほくほくの仕上がりなのに、全体に醤油が回っているんです。
ホントに、魔法かと思った。いまでもなぜあの放置するだけの工程でああいう仕上がりになったのか想像がつきません。今度また作ってみたときにじっくり観察してみたいと思います。
ルクルーゼ、奥が深い。

他のお料理も試してみたいと思います。

「ル・クルーゼ」で、つくりたい料理

 大学時代、本屋さんでバイトしてた頃からずっと欲しかった、平野さんのルクルーゼの本。
ようやく購入しました。
どのレシピもうっとりするほどおいしそう。夏野菜が安いので相方宅のルクルーゼでラタトゥイユを作ってみました。
野菜と、塩と胡椒とオリーブオイルしか使わないの!
なのに驚くほどおいしかった。超びっくり。そしてルクルーゼの力に感動。
ブイヨンとか、化学調味料の味に慣れすぎちゃ駄目なのかな〜。
次は牛肉の赤ワイン煮を作ってみます。

平野さんの和食版の本も購入したので、作ったらまたレビューします。

柳宋理のフライパン

080811_221456_ed.jpg
過日の友人の結婚式でいただいた引き出物カタログにて、柳宋理のフライパンをいただきました。

初、柳宋理です。
とてもうれしい。大事にしよう。

ミルクパンとカトラリーも欲しいなあ。

<< | 2/4PAGES | >>