calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.05.14 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

出産レポ(2人目)

またしても出産レポ。
ちなみに前回の出産レポはこちら

-----

9/5
AM〜13:00
予定日超過2日目、3cm開大。検診にて刺激をしていただく。
そのままパルコに寄ってうろうろ歩き、陣痛が来ないかと期待!
スタバでキャラメルマキアートの飲み納めもしたよ。
この日も暑く、夏の妊婦生活&予定日超過に心が折れて、
いろんな人に弱気なメールをする。。。

17:00
前駆陣痛かな?という感じに期待を抱きながら、
長女のお迎えに歩いて行く。
帰り道はベビーカーを押してダッシュしたりした!

18:00
これは陣痛だ、間違いないと思い、ヒロちゃんと両家に電話しながら
長女に夕飯を食べさせる。
実母に「経産婦だから病院に行った方がいい」と言われ、
産院に電話して向かうことにする。
この時6分間隔。痛みはそれほどでもなし。

19:00
いやだ!病院行きたくない!!と泣き叫ぶ長女をなんとかなだめ、
靴下をはかせ、入院準備をし、タクシーを呼ぶなどドタバタする。
このときなんとなく陣痛が遠のいたような気がする…

19:40
長女を連れて入院。
血管確保、もろもろ着替え、NSTをつけてみたら陣痛はぱったりやんでいる。
がっかりするやらスタッフさんに申し訳ないやら泣きたい気分。
たぶん「長女を連れて行って入院しなければ!」というプレッシャーで
陣痛がかき消えた模様。。。
「長女の時も笑いながら産んだんですよ。
陣痛が痛くなかったり、やだなと思うと消えちゃったりするみたいで…
こんな人っています?」と、割とお年の助産師さんに聞くと、
「いや、聞いたことないですね。」という返事。
そうか…そうだよね…。
みんな普通に陣痛が来てそのまま産めるんだよね。

20:30
ようやく仕事から解放されたヒロちゃんがやってくる。
相談し、明日9/6の6時から誘発してもらうことにする。
ヒロちゃんと長女は帰宅。わたしは入院。

9/6
5:00
起床、身支度。そういえばなにも考えずコンタクトをつけ、
そのまま出産に至った…ので、視界は一人目の時よりもクリアだった!

6:00
4cm開大。おお、1cm進んでいる!やっぱりあれは陣痛だったんだ!
と嬉しくなる。

分娩台へ移動、先生に破膜をしていただく。
はさみでちょきっと切る感じなのね。羊水が出てくる感じが温かい。
すぐ隣の陣痛室、畳に敷かれたお布団へ移動。
抗生物質と陣痛促進剤の点滴が始まる。
ヒロちゃんと長女はまだ来ない。
付き添ってくれる助産師さんもいない。

7:00
たまに促進剤のレベルを上げにくる助産師さんは何も声を掛けてくれず
(大丈夫ですか〜、とか、がんばってね〜とか)さびしい気持ちを味わう。
陣痛時計を入力して気晴らしをする。


7:23
最初はVIP板のスレタイを見てクスクス笑っていたが、
陣痛が叫ぶほど痛くないものの強くなってくる。
「前はこんなに痛かったっけ?という感じです…」という
弱気なメールをヒロちゃんに送る。
ちなみに痛み方は前回と同じく尻バットされている感じ。

7:27
同じ陣痛室、カーテンで区切られた向こうに人が来る。
どうやら無痛分娩の為入院した様子、旦那さんやお子さんと会話されている。
「わー、声が聞こえるなぁ、気が散るなぁ」などと思う。

7:50
助産師さんが誰も付き添ってくれないままついにいきみ感が出てくる。懐かしい!
前回はゴルフボール全力で押して耐えてたけど、今回は付き添ってくれる人が
誰もいないし、助産師さんも来ないし、ゴルフボールもないし、
もういいや…と投げやりな気持ちでいきみ逃しの努力もやめる
(どうせもう全開大だろうという確信もあった)
すると頭がどんどん降りてきてる感じ!
「すみませーん、いきみ感が出てきました」とカーテン越しに声を掛けても
助産師さんは「はいはい…」という感じで全然来てくれなかったが、
2、3回目のいきみ逃し放棄でついに股の間にまで降りてきてしまったので
「もう出そうです〜」と再度呼びかけたら「どれどれ」とようやく
見に来てくれてその場でびっくり!
「わー大変!!もう産まれそう!!急いで移動して!!」
「いきんじゃだめですか?」
「だめだめ絶対だめ!!」
「あーあ、ちょっといきんじゃったかも…」
などと会話しながら隣の分娩台へ歩いて移動。
後に「すぐにも産まれそうなのに、話しながら分娩台まで歩いていったって
しろさん、スタッフ中の話題になってますよ」と助産師さんに言われたシーンである…

7:53
「先生呼んできて!!早く!!」とスタッフさんたち大パニックの中、
分娩台の上で適当にいきんだら、するすると出てきてくれて無事出産!
首にへその緒が巻いていたので「大丈夫かな」と心配したら
「大丈夫大丈夫!」とスタッフさんに励ましていただいた。
元気な産声を聞けました。コンタクトのおかげで鮮明に見られてうれしかった〜。
へその緒カットは私がしたよ★ぐにゃっとした感触でした。
今回は会陰切開もなし。いくつか裂けたようで、先生が丁寧に縫ってくれた模様。
縫うときの痛みも前回ほどではなくほとんど痛くない。
「痛みに強いですね〜、みんな縫うときは痛いって言ってるのに」と
助産師さんに驚かれる。
いまだにヒロちゃんと長女が来ていないので、「ご家族に電話して」と先生。

産まれたあとはカンガルーケア。
あまりの出産の進み具合にびっくりしたのか、怖がるような泣き方を2回したけど、
「びっくりしたね」と声を掛けたら落ち着いて泣き止んだので嬉しくなる。
「出産がとても早かったので、頭がとんがってないですね」とスタッフさん。
確かにまるい頭をしている。

ちなみに昨夜話した割とお年の助産師さんが取り上げてくれたんだけど、
「本当に陣痛をコントロールできたり痛くなかったりするんですね。
この仕事して長いけど、初めて見ました。前回の病院ではどうでした?」
「前も先生達にびっくりされました」
という会話をかわす。
ほかにも「えっ、無痛分娩じゃないですよね?」とびっくりしているスタッフさんも…
やはりかなりのレアケースの模様…

7:55
胎盤が出てくる。「後産も早い」とスタッフさんびっくり。
この胎盤はあとで見せていただいた。結構大きくて驚く。
羊膜も見せていただいたけど、しっかり厚みのある感じで、
こんな羊膜を蹴破って出てきた長女の脚力は凄いな…と改めて実感。

8:40
ヒロちゃんや両家に産まれたよメールをする。

9:00すぎ〜13:00
ヒロちゃんと長女到着。
本当ならそろそろ分娩台から降りてお部屋へ移動できるのだが、
出血がやや多く、分娩台で昼過ぎまで様子見となる。止血の為、ガーゼをぐいぐい押し込まれて苦しい。
出血総量は610mlとのこと。
分娩台の上でお昼のカレーライスを食べる。

ちなみに産まれた子は3410g。長女は3615gだったので小さく感じたなあ。
大きいからって難産になる訳でもないですなあ。

-----

という感じでした。
先生や設備はとてもいい産院だったけど、
前述の通り、助産師さんが全然付き添ってくれなかったのは悲しかったな〜。
前回のお産ではとてもいい助産師さんに助けていただいてただけに
落差が大きく感じられ…
切迫気味かつ二人目だから進みは絶対早いだろうと素人ながらにも思ったし、
その辺を考慮してもらえてたら嬉しかったなあ。。。
あのままいきみ逃し放棄してたら陣痛室の畳の上で産んでたかもしれない。

ということで、陣痛痛くなかったひとは二回目もやっぱり痛くなかった!
切迫気味だと出産早いかも、二人目は特に!
という体験レポでした。

スポンサーサイト

  • 2015.05.14 Thursday
  • -
  • 22:54
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする