calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.05.14 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「抹茶クーヘン」

20070307_230733.jpg

3/3に、教室で抹茶クーヘンを作ってきました。
抹茶と甘納豆が入った、甘いパンです。
今回、実に2ヶ月ぶりくらいのレッスン。
お世話になっている先生にもすっかり忘れられてしまって、「いつもここ(丸の内)の教室に通っているの?」と訊かれたほど。(毎回通う場所を好きに選べるシステムなのです)
腕の筋力もすっかり落ちてしまっていたらしく、材料を混ぜ合わせるのが本当に大変でした。

バターも卵もちゃんと入る比較的リッチな生地だと思うのですが、
こねるときは乾燥に気をつけて、とのことでした。
抹茶が水分を吸ってしまうためだそうで、確かにぽろぽろとまとまりにくい割にはべたつきが気になりました。
6分割して丸型で焼きました。
焼きたてはふわっふわで、あまりの美味しさにあっという間に2カットも食べてしまった。

パンを作るのも目的ですが、会社外の知らない人とコミュニケーションする、というのも目的なのでした。
楽しく会話ができて嬉しかったです。また会えるといいなぁ。

今回で初級クラスが終わり、次回からいよいよ中級クラスに進みます。

可能性

20070110_193892.jpg
れいちゃんとゆみと、東銀座のお料理教室でカフェオレパンを作ってきました。
無料のイベントです。


カフェオレパンはわたしも教室を紹介してもらった時に作ったのだけど、その時より大きくふんわり仕上がったので、なんだか成長を感じて嬉しくなってしまいました。
あ、わたしパン作るのうまくなったのかも!って。


パン作りは技術の有無がものを言うので、結構専門的です。
なのでこつこつとやる趣味に向いてるかな…という気がします。
受講料を考えたら普通にパンを買ってきた方が断然安いとは思います。
そのぶんスキルを買っているんだね。
そんなことに、今日わたしが生まれて初めて作ったパンをもう一度作って、なんだか気が付きました。

スキル=自分の可能性。自分が実現できる可能性を広げることなんだね。0%から、1%に。少しずつでも。
そうしてひとりでできる範囲が広がってゆく。


わたしの趣味は文章書きとバイオリンです。
文章書きはブログで発散しているけど、バイオリンは手慰みに弾く程度です。
バイオリンは体との調和が重要で、小さい頃から弾いてないと駄目、みたいな考え方があります。
体がついていかないために、どんなに練習しても絶対弾けない曲は無数にあるわけです。
19歳でバイオリンを始めたわたしは、21歳の時に師に「小さい頃からやってたあいつにはできるけど、お前にはこれは絶対弾けない」と言われ、自分でも頑張ろうと思う反面、諦めて到達できない壁を作ってしまった気がします。
ここが自分の頭打ちだ、と思ってしまったわけ。
その人とは当時付き合っていたわけだけど、近しい人に可能性を否定されることほど悲しいことはないのかな…と今では思います。


ゆみは料理のコースに通うことになりました。
わたしも申し込んでみた。
パンと料理、新しい趣味をみんなで楽しんで、新しいスキルを身に付けたいと思います。
興味があったら、紹介するよ!

「ドッグロール」




ちょっと写真が暗めになってしまった。
12/13に作ってきました。「ドッグロール」です。
細長い方はウィンナーを挟む用の成形で、
まあるい方はハンバーグを挟む用の成形です。結び目をつくるようにしてこの形にします。
仕事が忙しくてなかなか来れず、久々のレッスンとなったためか全く体がついてゆかず、本気でまごまごしました。(※まごまご…最近のマイブームの言葉。てんぱっているときに繰り返すとなごむ。)
れいちゃんの「(生地をまるめると)心もまるくなるよね〜」という言葉にしんみり。
やっぱ月に2回は来ないと駄目だぁ。


初の「卵が入らないパン」でしたが、素朴な白パンといった趣で、とってもおいしかった。
帰宅したらヒロがウィンナーを買っていてくれたので、挟んで食べてみたら、もちもちっとした食感がとてもよく合いました。
しかし160gの強力粉で4つしかできないとは…。一緒になった生徒さんと、「ひとりだと多いし、あげるには足りないのよね」と笑い合ってました。
この日のテーブルでは面白い生徒さんたちと同席できて、本当に楽しかったです。
また会えたらいいなあ〜。


そうそう、「ABCのパンはずっしり重くて、もちもちした食感なのだなぁ、こういうのものなのだなぁ」と思っていたら、mixiのコミュニティで「基礎コースなので失敗がないようにするための配分ゆえの仕上がり」と解説されていたので納得しました。
もうすこし進めば、ふわふわとした軽いパンを作れるようになるそうです。
実際にお話した生徒さんは、小匙いっぱいのイーストをすり切ってしまったがためにまったく発酵せず、22時過ぎまで発酵器の前で先生たちを待たせてしまったとぼやいていました。
上級にゆくにつれて、配分もシビアになっていくのね。


基礎コースはここで折り返しです。中級コースにも進むことにしました。
上級、マスターを経てゆけばいずれライセンスもとれるなかなかのもの。
そこまではいけるかわからないけど、楽しみながらやっていきまーす。
早く基礎コース終わらないかな〜。

「チーズドック」



去る11/02に第3回目のレッスンにて作ってきました。「チーズドック」。
その名の通り、中にぎっしりとチーズが入っています。
プロセスチーズを目いっぱい1cm立方に刻んで入れたのでした。


実はわたし、この手の「とけないチーズ」が苦手で戦々恐々。
小学校時代からチーズ入りのパンが出ると、すべてのチーズをほじりだしてパンのみを食すという、もったいないおばけが出るんだか出ないんだか…といった食べ方をしたものです。
他のひとから「チーズドックおいしいよ!ほんとおいしいよ!」とのお墨付きをたくさんもらったので、これはだいじょうぶか…と思ったのですが。


焼きたてでも、やっぱりきつかった。(涙)


ちょっと食べただけであとは家族にあげました。モフーン。
写真では伝わりにくいかもしれないですが、かなりの大きさがあります。
中身をくるみとかにしてもいいかも。

「バターロール」

パン教室@10/15昼。
2回目の今日は、いきなりバターロールを作ることに。

20061015_128182.jpg


バターロールは、名前からは意外な、油脂分の配合の少ない生地で作ります。
なので、「バターをつけて食べてね」ということで、この命名になったとか。
成形は少し難しめでした。
日曜の昼だったので、寝惚けてて頭がしっかり動いてなかったのも敗因かも・・・
やっぱり、平日の仕事上がりに行く方が頭も冴えていて覚えられるし、
ストレス発散にもなるし良いように思えました。

このバターロールは、ヒロ作の大成功カレーと一緒においしくいただきましたv
おいしかった!


次回は11/02夜、チーズドックです。
チーズ・・・食べられな・・・
わ、わーい。

| 1/2PAGES | >>